株式会社ヤマハビジネスサポート

先輩の声先輩の声トップへ

〔座談会〕2015年入社メンバー

入ってみたら、柔軟で、
活気があって、面白い!!

2015年入社の社員に、ヤマハビジネスサポートの職場の雰囲気、仕事のやりがい、今後の目標などを自由に語ってもらいました。
(2016年2月収録。当社人材開発事業部採用・教育部が運営するヤマハ研修会館にて開催。)

参加メンバー

Fさん
ビジネス開発事業部・人事業務部・給与グループ
Kさん
ビジネス開発事業部・経理業務部・資金グループ
Rさん
ビジネス開発事業部・経理業務部・原価グループ
Sさん
メディアワークス事業部・
営業プロデュース部

Q.現在の仕事内容は?

Kさん:私は経理業務部で、外国為替の業務のうち海外送金と輸出売上の計上を主に担当しています。会社の資金を扱うので、正確さと慎重な対応が求められる業務です。ヤマハグループの海外現地法人などと連絡を取り合うときには、書類やメールで英語を多少使いますね。

Rさん:私もKさんと同じ部署で原価管理を担当しています。半年に一度「製品棚卸調書」という、ヤマハ(株)が所有している製品在庫にどれだけの価値があるかという一覧表を作ることも、大きな仕事の一つです。

Sさん:私はメディアワークス事業部で営業プロデュースを担当しています。お客様との打ち合わせや撮影の立ち会い、担当案件のスケジュール管理など、日々の業務は多岐にわたります。

Fさん:私は人事業務部で、社員の皆さんの健康保険、厚生年金、そして事業所税の管理などを担当しています。

Q.入社して約1年。仕事には慣れてきましたか?

Fさん:ようやく仕事の流れがつかめてきたかなぁという感じですね。

Kさん:仕事に慣れてきて、全体を見渡せるようになってきたんですが、自分が気付いていないところを発見して焦ることもあります(笑)。

Rさん:最初のうちは先輩が話している言葉が分からなくて、すぐに質問してばかりでした。でも、仕事をする中でだんだんと理解が深まってきました。

Sさん:職場環境にはだいぶ慣れましたが、毎日新しいことの連続で、撮影現場などではどう振る舞うのが的確なのかまだ迷うこともありますね。

Q.入社当時と入社後で、どんな変化や発見がありましたか?

Sさん:ヤマハビジネスサポート(以下YBS)は、歴史が長いヤマハ(株)のグループ会社ということで少し堅いイメージを抱いていたんですが、入社してみるとチャレンジ精神にあふれた方が多く、柔軟で元気な印象を受けました。皆さん、すごく若々しいんですよね。研修の時にお世話になった方も、今の職場の皆さんも、実際の年齢を聞くと、ギャップがあって驚いてばかりです。きっと仕事が楽しくて、職場で生き生きしていられるから若く見えるんだなぁって思います。私もそうなれたらいいなと憧れます。

Kさん:私もSさんと似たような印象です。業務に決まった手順があり、簡単には変えられないものと思っていましたが、改善活動も活発にされており、いろいろと自分で考えて挑戦させてもらえる環境だと思いました。

Fさん:会社案内に「女性が活躍しています」とあったんですが、入ってみたら給与グループは18人中17人女性で、子育て中のお母さんも多く、皆さん時短勤務や半休、有休、フレックスタイム制をうまく活用されています。仕事と家庭が両立できる支援体制がしっかり整っているのは、とても心強いですよね。

Rさん:経理業務部は皆さん明るく、アットホームな雰囲気にすぐに馴染めました。また、各部署に「このように経理対応してください」と伝達する業務があるのですが、的確に対応いただくための効果的な方法を立案することがとても面白いと感じました。

Q.仕事のやりがいは? 仕事上、大切にしていることは?

Fさん:学生のときは社会保険についてよく知らなかったんですが、仕事で関わるにつれて、社会保険の仕組みを少しずつ理解するようになり、面白くなってきました。

Rさん:経理の仕事では「分かりやすく伝えること」が大切だと思っています。メールのやりとりが非常に多いので、誤解を生まないような表現をする、ニュアンスをうまく伝えるなど、丁寧なコミュニケーションを心掛けています。

Sさん:私は人と会うことが多い仕事なので、とにかく自分の顔を覚えてもらうのが大事だなと感じています。一人で担当する仕事も増えてきたので、1日1回は手帳をじっくりと見返し、日々のスケジュール管理に気を配っています。

Kさん:私もスケジュール管理がポイントですね。期日内に海外の銀行に送金することは取引先との信頼関係に関わるため、銀行の休日や送金に掛かる時間を考え、責任を持ってスケジューリングしています。

Q.仕事とプライベートとの両立はうまくできましたか?

Rさん:はい。プライベートが楽しめるから、仕事も頑張れる。仕事の充実がプライベートの楽しさを増やす、そんな相乗効果があると思っています。私はヤマハ(株)の応援部にチアリーダーとして所属していて、週3日練習に参加していますが、職場や仕事では接しない人たちと知り合いになれて楽しいです。休みの日はよくライブに出掛けます。完全週休2日なので、オン・オフがはっきりしていていいですね。

Fさん:そう、予定が決めやすいのがいいですね。私は舞台を観に行くのが好きですが、行動範囲が広がって遠出する機会も増えました。

Sさん:私とFさんは週末、浜松にいないことが多いよね(笑)。私もライブに行くのが好きです。

Kさん:私は市民楽団に入っているので、週末は楽器と触れ合うことが多いです。音楽が大好きなので楽しみながら参加していて、仕事との両立もでき、充実した毎日です。楽団にはヤマハの先輩もいて心強いですよ。

Rさん:皆さん、残業はどうですか?

Fさん:給与計算のピークに少し残業がありますが、予定の見通しが立てやすいので気になりません。

Kさん:資金業務は月末にピークがあり、その時には残業がありますが、それ以外はほぼ定時で帰宅しています。

Rさん:私も基本は定時退社です。平日の夜に女子会をしましたよ。

Sさん:私の場合は撮影やイベントなどで時間が読めないときもありますけど、事務作業だけの日は早めに退社しています。

Q.今年は2年目となりますが、意気込みを教えてください。

Kさん:仕事には慣れてきましたが、まだまだ知識不足で…。もっと知識を深めて、イレギュラーな対応にも自分でやり遂げる力をつけたいです。周りの皆さんは、学生時代に会計の勉強をしてきた人も多いので、その穴を埋めるべくプライベートの時間も使って勉強したいなと思っています。

Sさん:私も、担当している楽器などの商品や制作に関する知識が足りないので、もっと勉強していきたいです。昔クラリネットをやっていましたが、もう一度楽器を触ってみて、奏者からの視点に立ってカタログを考えるなど、仕事にうまくつなげていきたいです。

Rさん:1年目はインプットの年だったので、2年目はアウトプットをどんどんしていきたいですね。今はまだ先輩に確認してもらうことも多いので、これからは自分に自信を持って仕事に取り組んでいきたいと思います。

Fさん:私は、業務をもっと効率よく進められるように工夫をしていきたいです。

Q.これから就職活動を行う皆さんにメッセージをお願いします。

Sさん:就職活動は、自分の可能性を見つめるのにとても良い時間だと思います。私が大事にしていたのは「就活だけにならない」こと。時々友達と会ったり、ライブに出掛けたりと自分に楽しみを与えるようにしていました。逆に、そこで得たものが面接で生きることもあると思います。

Rさん:就職活動は短い期間で結果を出さなければいけないので、プレッシャーもあります。一人で考え込むとつらくなることもあると思うので、頼れる人にはどんどん頼っていいと思います。一緒に就活している仲間だけでなく、就活を終えたOBやOGに相談するのもいいですよ。ライバルばかりだと疲れてしまうので、違う視点の方の話を聞くとリラックスして臨めると思います。

Fさん:私がYBSの面接を受けたとき、とてもリラックスして自分らしく話をすることができました。実はほかで内定をいただいていたのですが、少し迷いもあり活動を続けていたんです。今振り返ると、この会社にたどり着けたのも、最後まで自分が納得いくまで粘ったからだなと思います。皆さんも就職活動を終えたときに、「頑張ったな、自分」と思えるようにとことん突き進んでいってください。

Kさん:YBSは業務範囲も広く、さまざまなことに挑戦できる会社です。会社の発展に自分の成長を重ね合わせて、自分の知らない可能性をたくさん引き出していけると思います。私たちもまだ新人ですが、これから一緒に会社を作り上げていこうという意気込みのある皆さん、ぜひご応募お待ちしています!

ページのトップに戻る