株式会社ヤマハビジネスサポート

  1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. 事業紹介>
  4. スタッフインタビュー>
  5. メディアワークス事業部 営業プロデュース部

メディアワークス事業部 営業プロデュース部

前の職場での経験も生かし、
作り上げる楽しさ、成果が見える喜びを実感

メディアワークス事業部 営業プロデュース部

異動前の経験が、今の職場でも生きる

メディアワークス事業部に異動したのは、2017年の4月です。その前の2年間は人材開発事業部の採用・教育部で、社員研修の運営などを担当していました。現在は営業プロデュース部で、国内向けの広告制作やイベント運営などの営業窓口を担っています。企画・事務から営業への異動でしたので、正直に言えば不安はありました。前の職場ではヤマハグループの組織・機能に加え、各階層に求められるスキルを理解した上で研修を企画・運営していました。そういった経験は、今、ヤマハグループのクライアントとお話する際にとても役立っていると実感しています。

担当した販促ツールが製品売り上げにつながっている

広告制作は、研修業務とは業務の動かし方の感覚がまったく違いました。以前は要項が確定してから動き出しましたが、今は日々プロジェクトが進む中で柔軟に対応していくことが求められます。メディアワークス事業部へ異動になった当時は目の前のことでいっぱいでしたが、少しずつ周りが見えてきました。
イベント制作も関わるようになり、身体を動かす仕事もありますが、製品を使うエンドユーザーの皆さんの表情を見ることができるイベントを作り上げる楽しさが体験できました。携わった販促ツールが実際に店頭で使用されることも増えてきて、先日ある製品ポスターを納品しましたが、クライアントからその製品の売り上げが好調とお聞きし、うれしくなりました。

いずれはイベント、印刷、映像、ウェブなどの複合的な提案も

土日に撮影の仕事が入ることもありますが、平日に代休を取るので、混んでいない街でのウインドウショッピングを楽しんだり、美術館などを回ったり、友達とおいしいものを食べに行って、リフレッシュしています。最近では、安藤忠雄さんの展覧会がよかったです。
学生時代はプロダクトデザインを学んでいて、ユーザーとモノとの接点を考えたいと思っていましたが、今の業務はそういう関係を考える点が似ています。業務はまだシンプルなものや先輩方のサポートが多いので、いずれは各製品群の広告制作の主担当になって、イベント、印刷、映像、ウェブなどと、複合的な提案も目指したいです。

ある1日のスケジュール
07:00 起床、身支度
08:00 朝食
09:00 出社、メールのチェック
10:00 会議
12:00 昼食
13:00 資料・見積の作成、校正作業
15:00 撮影のため、関東近郊のヤマハ音楽教室へ移動
19:30 撮影終了
20:00 帰宅、夕食
21:00 家事や読書
24:00 就寝

ページのトップに戻る