株式会社ヤマハビジネスサポート

  1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. お知らせ>
  4. (株)ヤマハビジネスサポートが「健康経営優良法人2018」に認定

お知らせ

(株)ヤマハビジネスサポートが「健康経営優良法人2018」に認定- 当社が実践する従業員の健康管理に関する取り組みを評価

2018年2月20日

株式会社ヤマハビジネスサポートは、経済産業省・日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」において、特に優良な健康経営を実践している企業として認定を受けました。

この制度は、優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として評価されることを目的に創設されました。法人の規模により2つの部門に分かれ、そのうちの「大規模法人部門」では2020年までに「健康経営優良法人~ホワイト500~」として500社の認定を目指しています。

※健康経営優良法人認定制度について(経済産業省のホームページ)
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

当社の取り組み

  1. 定期健康診断
    • 本社地区健康管理センターでは、従業員が誕生月に受診する「誕生月健診」を2011年より導入し、午前中に、健診から事後措置(受診者全員に対し医療職による保健指導)までを実施
    • 健康保険組合と連携し、法定上乗せで、がん健診や若年層からの生活習慣病関連検査等を実施
  2. メンタルヘルス
    • 産業医・看護職・契約精神科医・EAPが連携した職場復帰支援プログラムを導入
    • ストレスチェックを実施するとともに、全社員を対象にしたメンタルヘルス教育も実施
  3. 長時間労働対策、ワークライフバランス推進
    • 労使ガイドラインの徹底による総労働時間の削減、産業医による過重労働面談の実施
    • 事業所勤務者全員が一定時刻までに完全退社する「一斉カエルDay」を継続的に実施、年次有給休暇取得促進への取り組みを実施

当社は引き続き、従業員の健康維持・増進を経営の重要テーマと位置づけて積極的に取り組んでまいります。

ページのトップに戻る